寺院が管理をしている霊園のメリット

一生に一度買うか買わないかという霊園ですが、もし買うとなった時すぐに対応することが出来ますか?
意外と霊園に関する知識を知らない人が多いのでまずはしっかりと基礎知識を頭に入れておくようにしましょう。 多くの場合にお寺の境内に設置されており、その寺院が管理をしている墓地のことを言います。
寺院墓地のお墓をの場合にはお寺の檀家になることが前提となるケースが多いので、必ずそのお寺の住職にお寺の行事やお付き合いの仕方などを確認しておきましょう。

 

寺院の住職の人柄についても、長く信頼をしてお付き合いすることが出来るかどうか考慮に入れておく必要があります。
メリットはお墓が境内に設置されていますので法要を本堂で営むことが出来ますし、何よりも頼めばいつでも僧侶が読経して供養してくれるという点です。

 

最近では、石のお墓だけに限ったことではなく、納骨堂も増えてきている傾向にあります。
これまでは遺骨を墓地に埋葬するまでの一時的な保管場所となっていましたが、現在ではお墓としての機能も果たしているのです。



寺院が管理をしている霊園のメリットブログ:21-9-03

減量に成功している人の話を聞くと、ほぼ全員の人が
「自分で決めた方法を毎日淡々とやった」
と言っています。

この「方法」の部分は、千差万別でバラバラです。
ひたすらダンベルをやった人もいれば、
骨盤ネジ締めをやった人もいるし、
茶碗を小さくしてライスの量を半分にした人もいれば、
食事前に必ずリケンの玄米コーヒーを飲んで痩せた人もいます。

人それぞれ、減量方法は異なるわけですね。
でも、共通しているのは
「選択した方法に疑いをもたず、毎日淡々とやる」
ということです。

ただし、誤解してはいけないのは
「方法に固執はしない」「自分を責めない」
ということです。

ひと月・ふた月と続けてみて
体重が減らなかったり、
続けるのがストレスになってしまったり、
体質に合わないと思ったら、そこでやめて他の方法に切り替えます。

ただ、それは単に「自分に合わなかった」というだけですから
それで「自分は忍耐力が無い」とか自分を責めて、
減量そのものをやめる必要は無いのです。
別の方法を探せばいいだけです。

また、方法を一度決めると
「減量のことは忘れて他のことに気を向ける」
という人の方が、むしろ成功しているように見えます。

ずーっと減量の事ばかり考えていると、
どうしても短期的な成果を求めがち…

短期的には体重なんて増減を繰り返しますから、
それに一喜一憂していては気持ちが持ちません。

だから一度方法を決めたら、
しばらくの間はそれをひたすら淡々とやるだけで、
あとは減量のことなんて忘れてしまう位の人の方が
減量に成功しているようです。